toggle
暮らすように旅する。貧乏なノマド夫婦の海外放浪記。
2017-03-03

【Androidアプリ開発】Android標準のUI(ユーザーインターフェース)実装方法まとめ

EditText(テキストボックス)

レイアウトXML

<EditText android:id="@+id/edit1"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="wrap_content" />

コード

EditText edit1 = (EditText)findViewById(R.id.EditText1);
String str = edit1.getText().toString(); // 現在EditTextに入力されている文字列を取得

Spinner (セレクトボックス)

res → values → strings.xml に、選択肢の配列を用意

<resources>
    <string name="app_name">TestApp</string>
    <string-array name="sample_names">
        <item>選択肢1</item>
        <item>選択肢2</item>
        <item>選択肢3</item>
    </string-array>
</resources>

レイアウトXML(普通モードの場合)

<Spinner
	android:layout_width="wrap_content"
	android:layout_height="wrap_content"
	android:id="@+id/SampleSpinner"
	android:entries="@array/sample_names"
	 />

レイアウトXML(ダイアログモードの場合)

<Spinner
	android:layout_width="wrap_content"
	android:layout_height="wrap_content"
	android:id="@+id/SampleSpinner"
	android:entries="@array/sample_names"
	android:spinnerMode="dialog" />

コード(選択したアイテムの番号とテキストを取得)

Spinner spinner = (Spinner) findViewById(R.id.SampleSpinner);

// Spinnerからアイテムが選択された場合
spinner.setOnItemSelectedListener(new AdapterView.OnItemSelectedListener() {
	@Override
	public void onItemSelected(AdapterView<?> parent, View view, int position, long id) {
		Spinner spinner = (Spinner) parent;
		int n = (int) spinner.getSelectedItemId(); // 選択されたアイテムのIDを取得
		String str = spinner.getSelectedItem().toString(); // 選択されたアイテムのテキストを取得
		Toast.makeText(getApplicationContext(), "アイテム番号:" + String.valueOf(n) + " 値:" + str, Toast.LENGTH_LONG).show();
	}
	@Override
	public void onNothingSelected(AdapterView<?> arg0) { // 何も選択されなかった時の動作
	}
});

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。