toggle
暮らすように旅する。貧乏なノマド夫婦の海外放浪記。
2017-03-03

【CakePHP】CakePHPの導入方法(初心者向け)

さて、早速ですが
CakePHPの導入方法を説明します。

 

はじめに

「えっ?イキナリ導入?」
と思われるかもしれませんが、それでいいのです。

PHPフレームワークを使おうとしているみなさんは、
PHPは一通り学習しましたよね?

「PHPはまだ学習してないよ」って言う方は、
まずはPHPの学習をお願いします。

PHPを一通り学習せずにフレームワークを学習しようとしても、
結局何がなんだかわからないままになってしまい、
PHPもフレームワークも使えない人になっちゃいます。

PHPを一通り学習した人は、
基礎がありますがら、いきなり導入から始めちゃってください。
PHPを学習したときのように、理論や文法からじっくりと学ぶ必要はありません。

PHPフレームワークは、あくまで
「PHPを便利に使うもの」に過ぎませんので。

 

導入方法

ダウンロード

何はともあれ、まずはCakePHP本体をダウンロードします。
コレがなくっちゃ始まらない。

CakePHP本体の最新バージョンは、以下のURLからダウンロードできます。

https://cakephp.org/jp

ページの上の方にある、
「Download CakePHP3.4」をクリックしてダウンロードしてください。
「3.4」の数字は、3.5や3.6などになったりするかもしれませんが、
気にしないでダウンロードしてください。

現在の最新バージョンは、CakePHP3.xです。
(xにはマイナーチェンジの数字が入ります)

しかし!

このサイトでは、過去に公開され、
問題点もほとんど解消して安定して使われているCakePHP2.xを前提として
説明していこうと思います。

CakePHP3.xでは、基本的にCakePHP2.xでのコードはほとんど使用することができますので、
困ることはないかと思いますが、念の為「このサイトと同じバージョンでやりたい!」という方は、
以下のURLからCakePHP2.xをダウンロードして使ってください。

CakePHP過去バージョン
https://github.com/cakephp/cakephp/tags

2.9.6などと、2.x系の数字が書いてあるところの、
zipボタンをクリックして、zipファイルをダウンロードしてください。

インストール

まず、ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

解凍して出てきたファイルを、
そのままFTPソフトの、アップロードしたいディレクトリ(フォルダ)に
アップロードします。

このとき、そのディレクトリ(フォルダ)には、何もない空の状態にしてから、
アップロードしてください。
他のファイルが有ると、CakePHPが正常に動作しない可能性があります。

以上で、CakePHPの導入は完了です。

「え?もう?」って言うくらいカンタンですよね。
ダウンロード→解凍→アップロード しただけです。

実際にはこの後、初期設定があるのですが、
これもカンタンに終わります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。